main1.jpg
black.png
color.png

自分が好きかどうか。

それは、自分の髪が好きかどうかで決まる。質感、心地よさ、手触り。

常に最高なコンディションなら、嬉しくなり表情はさらに豊かになり

「きれいの連鎖」が起こる。それを創造するのが「1899KYOTO」の使命だ。

「きれいな大人」になるためには、10代・20代の頃のヘアケアが

そのベースを作る。ヘアスタイルに目がいきがちなこの年代こそ、

正しいヘアケアを知って欲しい。それが弊社の想いでもある。

 

21歳で女優として、ドラマ・映画・舞台と活動の幅を広げる女優、河合優実が、

今回「きれいな大人1899KYOTO」プロジェクトに挑む。

shoplogo.png

大 人 の

BROWN

ヘアケアへの意識は、あまりなかった。

ヘアスタイルには関心はあったけれど。

20代の感覚は間違ってはいない。

 

人からどう見られるか、が大事であり

メイクや洋服など、表面的な部分で十分に

「きれい」になれる若さがあるから。

 

「きれいな大人1899KYOTO」という

今回のテーマは、美しく年齢を重ねるためには?

という永遠の課題に挑むもの。

 

自分自身が生まれ変わったものをきれいにする。

そしてきれいに保つために、丁寧にケアし続けていく。

 

きれいな大人って、そんな人のことなんだろう。

BR_A_01.png

LOCATION by HISADA ART INDUSTRY

LOCATION by HISADA ART INDUSTRY

BR_B_01.png

BROWN

赤みのあるブラウンのシャツワンピースは、

スカートの内側のレッドが映えて着ると、

なんだかドキドキする。

 

シックな上品さと程よいモード感のミックス。

まさにかっこいい大人、という印象がした。

クラシカルな雰囲気が漂うこのサロンに似合う。

自分が自然体でいられるヘアデザイン。

髪が風を含んでいるように動くたびにフワフワと軽く心地良い。

​「動きをデザインする」という初めての感覚。

 

さあ、街に出よう。

 

これから京都の街を、魚のように自由に泳いでみたい。

BR_C_01.png
brown.png

LOCATION by HONNOUJI

PI_A_01.png

PINK

溢れ出すわたしの

京都の街は、時間の流れが違う。

ふと外国にいると錯覚してしまうように流れていく。

 

ゆったりゆっくり無理なく

時間が流れている。

その適温のお湯みたいな空気感に

気の向くままに、心と身体をそっと沈める。

 

あったまった私の身体の中で、

血液が元気に駆け巡る。

 

本能寺の御堂や廊下の感覚が心地よくて素足で、

歩きだす。

神聖で心地よい緊張感が、私を包む。

気がつけば、体がゆっくり動きだしている。

髪、肌、手、脚、指。

身体の末端まで血が巡って、自然と感情が溢れ出す。

PINK

シフォン素材のピンクマーブルのドレスは、

私が腕をあげると、透け感を醸し出し、

クルクル回ると、後を追うように身体との

良い距離感を保ちながら、ふんわりついてきて、

本能寺という、異次元の世界観に妙に

フィットしていた。

PI_G_01.png

LOCATION by HONNOUJI

PI_Da_01.png
PI_Db_01.jpg
PI_Dc_01.png

少し紫がかったピンク。

本能寺の歴史が物語る、美しく年齢を重ねた木材の色と共鳴している。

私の胸は高鳴る。手や足が自然と動く。

自分が自分じゃない気がしたけど、

本能寺の魔法と、きっとこの髪のせいだ。

PI_C_01.png

そっと髪に触れてみた。

さらりと指から、こぼれ落ちた。

好きな手触りと好きな軽さ。

髪が心地よい、ってこういうことなのだ。

PI_B_01.png

LOCATION by HONNOUJI

PINK.png

​YELLOW

SHOW

三条通りにあるレトロな雰囲気の建築に吸い込まれ、

地下に向かう階段を降りた。歴史を感じさせる古いカフェ。

壁や家具、柱など1900年代のものがそのまま残されていた。

時が止まっているような感覚にひたる

 

朽ちていく、というよりこれも美しく年齢を重ねていった

空間だ。まさに「きれいな大人」だと言える。

 

特別な空気感に酔いながら、ゆっくりと深呼吸する。

私はダンスが好きだから、

感情を身体の動きで表現してしまうことが多い。

 

薄暗くムードな空間。過去と未来が交差する場所なのかな。

身体が解放されていくのを肌で感じながら、気ままに動く。

ダンスをする、というより感情が自分の身体を通して、

この空間に放出されていく。全身がどんどん躍動していく。

 

気持ちいい。京都の魅力が溢れ出した。

LOCATION by INDEPANDAN

YE_E_01.png
YE_A_01.png

LOCATION by INDEPANDAN

​YELLOW

身体の動きにぴったり添うように、同じスピードで動いてくれ

ニット素材のイエロードレスは、その元気な色の力で、私を

ぐいぐい引っ張ってくれる。

 

脚をあげると、それをキレイに見せ、クルクル回ると勢いよく

私の身体の周りを元気に華麗に回って見せる。

「あんたなんかに負けないよ」、と意志を持っているようで

とても気が合う。

過去と未来が交差するカフェで、ショータイムが始まった。

一人でお茶をしている女性、

ゆっくりと食事を楽しむ大学生らしきカップル、

ワイワイと数人で会話が盛り上がっている人々が

見えた気がした。

見えないけど、見える。

観客は揃った。

YE_C_01.png
YE_B_01.png

LOCATION by INDEPANDAN

「さあ、いくよ」と、イエローは私の背中をドンと押した。

気がつくと夢中だった。

時空が交差する空間では不思議と身体が軽く、

いつまでもずっと踊っていたいと思った。

 

心地よい風も吹き抜け、髪がさらさらとなびいた。

頬を触る髪が、とても優しかった。

yellow.png
YE_H.jpg

の包容力

ORANGE

京都の空気感をもっと肌で感じたくて、

「ゲストハウス京都みかさ」さんを訪れた。

とてもモダンで新しさと歴史がミックスされた建物の中に入ると、自然と心が落ち着く。美しくいい香りのする、

天然の木材と、温かさを感じる土の壁。

 

京染呉服屋さんであった築100年以上の歴史を持つ、

町屋を再生したそうだ。

また出会った。美しく年齢を重ねた「きれいな大人」に。

 

京都はそんな「きれいに年齢を重ねた」風情のある建築や景色、

自然、アートやカルチャー、人、に出会うことのできる街だ。

 

美しい1枚板のダイニングテーブルの上で、

大胆に、そして上品に色を発する生花に目を奪われる。

あまりにも可憐なので、おそるおそる近寄ってみた。

私のオレンジのリネン素材のトップスが、生花に色を足す。

その瞬間、新しいアートがまたひとつ、生まれた気がした。

OR_A_01.png

LOCATION by MICASA

OR_C_01.png

ORANGE

2階にある畳のいい香りに誘われて、静かに寝転んでみた。

髪も心地よさそうに、畳の上に自由に広がる。

仰向けになって、自分の鼓動を聞く。ドキドキと音が身体中に

響きわたる

LOCATION by MICASA

私が京都にきた理由。

今来るべきだという、感情が止められなかったから。

目が回るほど忙しい毎日。

でも楽しい毎日。やりたいことがあり過ぎて時間が足りない毎日。

ある日スニーカーで走り続けていた靴紐を結び直すために、

しゃがみ込んだ。

その瞬間、もっと自分の感情を自由に、豊かに表現したいと感じた。

もっと自分にはできるはず。

OR_B_01.png
OR_C_04.png

洋服のオレンジのグラデーションが、

何故かこの空間にとても似合っていた。

華やかで元気な色だけど、どんな感情も受け入れてくれる。

大きな包容力で包み込んでくれる色。

 

元気で強気な自分も、

弱くて寂しがり屋な自分も、ぜんぶ全部。

orange.png

強くて優しい

GREEN

LOCATION by RC HOTEL

GE_E_01.png

水の中を泳ぐように、自由に京都を泳ぐ。

不思議だけど、息継ぎしなくてもずっと泳いでいられる。

 

いろいろな新旧が混在した独特で、世界にたった一つしかない

この国の歴史を肌で感じることのできる街。

 

最後に立ち寄ったのは、古いマンションをホテルに

改築したという建物。

こんな風に古いものをケアして美しく保つという考え方は、

美しく年齢を重ねていく「きれいな大人」計画そのものだ。

 

こんな京都の時間の中で自分も「きれいな大人」になりたいと

素直に思った。

 

自分自身が生まれ持ったものをきれいに、丁寧にケアし続けて

いくこと。その結果が「きれいな大人」なんだと知った。

京都の街がこっそり教えてくれたようだ。

未来の自分を思いながら、髪に触れてみた。

大切にしたいと思った。

GREEN

赤いリップを少し大胆につけてみた。

発色のいいグリーンのワンピースにしっくり馴染んだ。

強さと優しさ。

両方を兼ね備えた大人の色。

前髪をあげたら「きれいな大人」

になれた気がして嬉しくなった。

GE_C_01.png
GE_Da_01.png
GE_Dc_01.png
GE_Db_01.jpg
GE_C_03.png

LOCATION by RC HOTEL

繁華街のネオンのようにカラフルな好奇心たち。

自分勝手で気まま過ぎる。あふれ出る感情。

止められない感情。

階段を駆け上がり、登り切った瞬間。

屋上の景色が、私を取り囲み、一気に広がった。

京都の全てが一望できる場所。

 

近くに見える五重塔と目が合った。

私の髪はいつもドキドキしている。

感情を持っている。

GE_F_01.png

京都の街。京都の時間。どんどん解き放たれてく。

忙しいこころと髪に、私らしい美しさを。

green.png
shoplogo.png
black.png
color.png