検索
  • Hisada Art Industry

ボクシング世界チャンピオン 小澤瑶生さんがお越し下さいました

5月30日、東京・後楽園ホールで行われた世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチで見事チャンピオンになられた小澤瑶生さんがサロンへお越しくださいました。


産後353日でリングに上がり世界タイトルを獲得したという素晴らしい結果は、言葉では表せないほどの過酷なトレーニングや調整に加えて、産後のケアや子育てなども考慮すると、タイトルに挑戦されるだけでも凄いことだと思っておりました。そして、試合が始まるやいなや底を感じさせないスタミナと、撃ち合いにも決して屈しない気迫で、勝敗のコールを待つ前に「これはもう新チャンピオン誕生間違いない!」と確信できる試合でした。


また、ジャズピアニストのご主人と可愛い息子さんとの家族の結束力でチャンピオンを獲得したということも多くのメディアで取り上げられ、感動を呼んでおります。もちろんご本人の血の滲むような努力があってこそですが、その努力を支える家族の存在は、何よりも強い追い風になったに違いありません。


そして貴重なチャンピオンベルトもお持ちくださり、僭越ながら触らせて頂きました。ずっしりと重く、また重さ以上に価値のある立派なベルトでした。


仕事柄、女性アスリートの方の美についても研究しており、「強さは美しさ」というところをまさに表現されているので、大変勉強になりました。競技や国が違っても、美という点で女性アスリートを様々な形でサポートできる方法を今後も考えて参ります。


改めまして

小澤瑶生さん 岸本良平さん 緯泉(いずみ)君

おめでとうございます!


◉朝日新聞デジタル『家族3人で勝ち取ったベルト 出産から1年未満の37歳、新王者に



閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示